ますはボディーシャンプーでお尻の肌を清潔にしてお尻ニキビ対策をする

お尻ニキビ用のボディーシャンプを使うのがいいのですけど、顔用に
使う洗顔料でもいいかと思います。
ニキビ用の洗顔料にはピーリング成分が入っています。
これをお尻に使うことでピチピチしたお尻になることができます。
グリコール酸や酵素などで皮膚科でケミカルピーリングと同じように
皮膚の一番上の角質層を柔らかくする作用があります。
いろんなピーリング石鹸がありますけど、成分や濃度によっても
人それぞれお尻の肌が荒れたり、いきなりツルスベになった人も
います。
お尻のニキビの程度や数はまったく人によって様々で、ニキビができや
すい時期とでき方もいろいろあるからです。
ピーリング剤を選ぶ時に注意することは酸の濃度が明確にわかる
ことです。
濃度が調整できないものや、高濃度のものを使うと皮膚に強い刺激
を与えることで取り返しのつかない肌になったしまうのです。
肌質によってかなり効果が出るには違いがあります。
αヒドロキサシ酸という物質が含まれている石鹸を使うといいでしょう。
これは強い酸でありますのでピリピリしたりヒリヒリしたりします。
肌質によって違いますが、使った後は毛穴から皮脂が出やすい状態
になっており乾燥しているはずです。
敏感肌といわれるアトピー性皮膚炎や乾燥肌の人はそのような事が
起きやすいので低い濃度の酸から使い方がいいでしょう。
だんだん慣れてきたら、その時のお尻ニキビの状態や皮膚への刺激
を考慮してグリコール酸の濃度を高くしていきましょう。
参考サイト⇒クリスマスプレゼントABC

毛穴ケアこそがお尻ニキビを予防するには最適

正しいスキンケア方法を知っていれば、知らないうちにお尻ニキビ
を予防できて万が一新しいお尻ニキビができそうになっても慌てる
ことがありません。
どうすれば新しい吹き出物ができるのを防ぐことができるのでしょうか。
ニキビは毛穴の病気なのですね。
毛穴の皮が厚くなって閉じてしまい、毛穴に化粧品が詰まってしまう
などの原因でニキビが育っていきます。
要するに毛穴を閉じないスキンケアこそが、最も効果的な予防法
なのです。
二回お尻を洗うことも考えていいのです。
顔と違ってお尻は化粧をすることはありませんが、クレンジングを
しても悪いことはないです。
クレンジング剤には、オイル、油性ジェル、クリーム、水性ジェル
ミルク、ふき取りシート、などのタイプがあります。
刺激に弱い肌や強い肌、アトピー性の肌、乾燥肌、接触性皮膚炎
湿疹のある肌などさまざまな肌質に対応するために作られています。
クレンジング剤の中でも。ニキビができやすい人のは向いていない
ものがあります。
ふき取りシートタイプのものは疲れていると使ってしまいことが
多いですが、肌の表面だけをきれいにしただけで毛穴の中まで
クリアーにしていないのです。
炎症しているお尻ニキビをこするとメラノサイトが増えたり、刺激
で赤みが出たり、ニキビが再発することがあります。
旅行やキャンプで外出している時以外はふき取りシートタイプを
使うのは避けた方がいいでしょう。
オイルクレンジングの中に含まれている界面活性剤はお肌によくあり
ません。

お尻ニキビは再発するのを防ぐのが最大の防御法

ストレスを自分でコントロールできればお尻ニキビまでに発展しませ
ん。しかし、突発的にお尻ニキビができる原因のほとんどは不摂生で
理想的な生活リズムを崩しているからです。
お尻ニキビだけでなく健康にも悪影響を与えているのです。
ですからできるだけの努力は自分でしなかればいけません。
お尻ニキビができたからといってまた以前よりも増えたからといって
一喜一憂するのではなく、心身共に負担の少ない生活を心がける必要
があります。
しかし、お尻ニキビは自分でもどうにもならないホルモンの影響
を受けてしまいます。
ホルモンは気まぐれでデリケートですから。遺伝や体調。精神状態、
病気などさまざまなことで変化します。
どんな影響を受けたとしてもお尻ニキビを治す方法は一つしかありませ
ん。
それは毛穴の皮膚が閉じないようにすることだけです。
医療機関でのお尻ニキビ治療では、ニキビができる原因を徹底的
に追求することはなく、治療のガイドラインに沿って行われます。
どんなお尻ニキビにも治し方は同じなのです。
抗生物質、レチノイド外用薬、ケミカルピーリングなどです。
これらの効果はありますが、生活習慣やホルモン分泌に対するケア
ができていないと高価な治療を終えても無意味なのです。
治療を終えたとしても再発してはまたやり直さなければいけません。
ケミカルピーリングでは、治療終了後に8週間で再発のリスクが
高まるという人がたくさんいます。
お尻ニキビができるメカニズムを理解して、新しいお尻ニキビができる
ことを防ぐことが大切です。

IPLによるお尻ニキビ光治療

痛みが少なく回数がもっとかかってもいいと思っている方向けのお尻
ニキビ治療方法があります。
IPLとはいろんな波長の光を組み合わせた治療で有害な紫外線を含み
ません。
レーザーとは異なりカメラのフラッシュのような光で真皮にあるコラー
ゲンを増殖させる効果があります。
麻酔をする必要がなく、冷たいジェルをお尻に塗ってチップをまんべん
なく当てていきます。
集中的に当てたいところに複数回できますが、クレーターの深さに
合わせたレベルは設定できませんので肌質の違う部分も同じレベルで
照射できることになります。
クレーターが浅くなり目立たなくなる感覚はありますが、すべすべ
に平らになることはありません。
日本にもいろんなニキビ治療をするための美容機器が海外から輸入
されて、ここ数年くらいで治療方法の種類も増えてきました。
しかし、高度な機器を扱える医療技術者や看護師が足りていないのが
悩みです。
どの程度のレベルで照射するのがいいのか、どの機器がニキビのクレーターに適しているのかはっきりと熟知している医師も少ないようですね。
お尻ニキビ治療に使用する美容機器はたいへん高いため、一つの
医療機関で揃っている数はまだまだ少ないのです。
医療施設でのお尻ニキビ治療がますます発展してほしいです。
食べ物、便秘、睡眠不足、ストレス、など肌に悪影響を与える
要因はありますが、これらをすべて自分で解決できる人は皆無だと
思います。
忙しい生活習慣を変えるのは容易ではありません。

お尻にできたクレーターは治りにくいのでお尻ニキビ予防をする

真皮の変性に加えて表皮も傷を治そうと頑張ります。
結果的には、1回の施術で10%くらいの表皮の入れ替えが可能です。
このお尻ニキビを治す方法を行うと痛みが強くデートなどの予定
が入っている時はやめておいた方がいいでしょう。
治療した後は、浸透性が良いため、ヒアルロン酸、プラセンタ、細胞
成長因子などの美容液を塗ることもあります。
スキンピールセラピーという治療方法はレーザーを使用しないで
ローラーを使って手動で行うクレーターの治療です。
この治療は以前から行われていましたが、髪の毛くたいの細い針が付い
たローラーをお尻に押し当てていきます。
マシンとは違って、施術する人の判断で力の強さを手動で変えられる
ので、個人の肌質に合わせたレベルに調整がしやすいという
メリットがあります。
熟練した技術が必要です。
このお尻ニキビの治療は施術者の力加減で差が出やすいことが難しい
ところです。
フラクショナルレーザーでのクレーター治療と同じように、麻酔
をしてかた行うことがあります。
クレーターが激しい場所に力を強く当てたら赤みが激しくでます。
だいたい1週間くらいは赤みは消えません。
その頃にはクレーターの凹凸は浅くなっています。
肌のターンオーバーを考えると1か月かかります。
夏に海水浴へ行きたいと考えているなるべく春の季節からお尻を
チェックしてビキニになっても恥ずかしいお尻ではないか確かめる
必要があります。
お尻フェチの人もかなりいますので念入りにケアをしていただきらい
部分です。

お尻ニキビ治療にフラクショナルレーザーを利用

ケミカルピーリングはお尻ニキビ治療を目的に考えられたものですが
、シミや肝斑などを治すことにも行われます。
ターンオーバーできずに老化して硬くなった肌を剥がして新しい
肌を再生するという効果が期待できます。
ニキビの中に何が起こっているのかまずはお尻ニキビというものは
どんなものかを知ることは重要です。
皮脂を材料にするアクネ菌が増殖してポルフィリンという物質を発生
します。
皮膚が腫れあがるのはこの毒に反応しえいるからです。
光線力学法という方法がありますが、ポルフィリンに青色の特殊
な光を浴びさせると活性酸素が発生します。
その活性酸素によってアクネ菌が消滅していきますので炎症が落ち着きます。
ケミカルピーリングと光線力学療法を組み合わせることでよりいっそう
効果で出ます。
肝臓の働きが悪い人でも使える治療方法です。
フラクショナルレーザーは主に、炎症が落ち着いたニキビ痕である
クレーターを治すことを目的に行います。
クレーターにもいろんな種類があって形、大きさ、深さなどはいろいろ
あります。
このクレーターは表皮までではなく真皮まで達しているので治す
ことは容易ではありません。
ぼこぼこのお尻ニキビ痕にも使えますので人気のあるマシンです。
これは痛みを伴うこともありますので麻酔薬を使うことも多いです。
また、乾燥しやすいために保湿、UVケアを念入りに行わなければ
いけません。
治療した後はひりひりした感じがあります。

クールダウンはお尻の肌にた大切

お尻ニキビ治療のほとんどが皮膚を剥がす過程がありますので、そのま
まま放置しておくといけません。
すぐにクールダウンしなければいけません。
氷水に浸した冷たい美容パックを使います。
これをお尻の上にのせて、さらに保冷剤も数分間のせていきます。
この作業をしないと後で赤みがひどくなって火傷のようになり、擦り傷
のように皮が剥げて炎症を起こすようになります。
だから、しっかり赤みが消えるまでクールダウンすることが大切
です。
ここまでやると、毛穴の中はすっかり綺麗になります。
美容クリニックでは毛穴の中にビタミンC誘導体をイオン導入して
いきます。
イオン導入の場合は、皮脂やほこり、ばい菌などの老廃物がなくなった
空っぽの毛穴への浸透率が上がり、新しいコラーゲンが作られやすく
なったり、メラニンが作られる働きも抑えられたりするので、白く
やわらかな肌細胞が生まれやすくなります。
そのため、肌の色素沈着がターンオーバーとともに早く消えていき
お尻ニキビ跡も綺麗になっていきます。
これを何回かやっていくうちにお尻ニキビができにくい肌質になると
ともに黒ずみも消えていきます。
ケミカルピーリングは一般の皮膚科や美容皮膚科、美容外科のどこでも
受けられますが、医療保険の適用とならない全額自己負担となります。
また、お尻に怪我や傷がある人、免疫疾患がある人、アトピー性皮膚
炎の人、妊娠中、授乳中の人はそこのスタッフに相談しねければいけ
ません。

グリコール酸で角質を剥すとお尻ニキビ治療も終盤

グリコール酸は刺激が強いため、塗ると同時にかゆいとか、ピリピリ
するといった症状がお尻に出てきます。
しかし、これは酸を塗ったら出る通常の症状で、皮膚の一番上の部分
が分解されて柔らかくなっているサインであります。
塗る時間が過ぎると、アルカリ液を塗ったコットンで酸をふき取って
いくのですが、ジューと音を立てて中和化学反応が起こります。
これで皮膚を柔らかくする作業は完了ですが痛みはまったくありませ
ん。
もし、強い酸を使えばすぐに終わってしまい3分くらいです。
副作用がないとしたら次回からは時間が長くなっていきます。
それだけピリピリする時間が長くなるのです。
つまり古い角質が剥がれやすくなっているのです。
アルカリ液で中和した後で毛穴をよく見てみると、すべての黒ずみ
がとれているところや、大きなお尻ニキビのてっぺんが破けている
ものもあります。
つまり、つまった毛穴が解放されて詰まっていた皮脂が出て
いたのでしょう。
私は、この状態を見たたびに毛穴がスカスカになって気持ちがいい
肌になったと感じています。
治療後に完全にとれていない角栓は、コメドプッシャなどを使って
押し出していきます。
ここまでで、解放された毛穴からはアクネ菌が大好きな皮脂が追い出さ
れお尻ニキビは小さくなっていきます。
しかし、毛穴はこれでいいのですがまだやり忘れていることがあります。
酸を肌に塗ると皮膚のタンパク質が分解されるために、皮膚が赤く
なったり熱くなったりします。

ケミカルピーリングはお尻ニキビを溶かす作用があるの?

お尻ニキビ治療ではまずは酸を塗っていきます。
酸はタンパク質を分解できますので、その力で皮膚を柔らかくして
いきます。
その過程で皮膚の一番上にある角質層が垢として剥がれやすくなり
ます。
老化とともに硬くなってしまった角質層が取れることで閉じた毛穴
が解放され、色素沈着してしまった赤黒い皮膚もだんだんと垢として
追い出されていきます。
酢豚にパイナップルが入っているのには理由があります。
あれは、パイナップルの持つ酸の力を利用して、豚肉をやわらかくして
さらにおいしくするためです。
このようにケミカルピーリングとは、酸によて皮膚をやわらかくする
ことなのです。
美容クリニックで使うお尻ニキビを治す時に使われる酸は、サリチル
酸、グリコール酸、乳酸などが主流ですけれど他にもジェスナー
液、レチノイン酸、フェノールなども使われます。
お尻への皮膚へは20~30%濃度のグリコール酸やサリチル酸を
使うことが多いです。
この値は低いように思えますが、市販の薬局では売っていなにのです。
酸は使い方を間違ってしまうと火傷をしたり皮膚が真っ赤になったり
するなどの副作用も多いです。
一般の人が使える市販の石鹸やエステティックサロンではグリコール
酸は高めの濃度5%が主流になっています。
医療機関で使用されている酸はもっと高く4倍から6倍になります。
クリニックによっては、グリコール酸を一気にお尻全体に塗ると
必ず医師から何分おいてからふき取るのか説明があります。

美容皮膚科でのお尻ニキビの治療法

美容皮膚科では最先端のお尻ニキビ治療を受けることができます。
一般の皮膚科では治療できないマシンを使って治療を受けられます。
自由診療であるので全額自己負担というのが痛いことろですが
治るのであれば試してみたいと思っている女性は多いはずです。
料金が高そうだとなかなか足が進まない人はまずは漢方薬から飲んで
みることをおすすめします。
漢方薬は東洋の薬であまり有名なものではありませんが、西洋の
お尻ニキビ薬である抗生物質や外用レチノイドなどと併用すると
効果を発揮するそうです。
即効性があるのが西洋の薬の特徴ですが漢方薬は飲んだらすぐ効く
のではなくゆるやかに体質を改善しようとするものです。
西洋のお尻ニキビ薬と漢方薬をいしょに飲むと数か月で効果が
出たといっている方もいます。
しかし、苦い薬ですので継続することがなかなかたいへんな事です。
お尻ニキビ以外にも効能は顔ののぼせ、目の充血、化膿、黄ニキビ
便秘、寒冷敏感、生理不順、貧血、顔色が悪い、肩こり、生理不順
などにも効果があるようです。
ケミカルピーリングという治療が美容外科では人気のなる治療です。
それは、古い角質をはがして、閉じた毛穴に入口を開き、アクネ菌
が好む皮脂を毛穴から出します。
ケミカルとか化学という意味がありピーリングとは剥がすという意味
があります。
つまり化学反応で皮を剥がす治療のこおとです。
角栓を溶かして、皮脂の分泌を抑えて、肌の炎症を抑えたり、コラーゲ
ンを増やす作用があります。